クララ

こんばんは.マイロネフです.

今日(2021年 6月12日・)は買い物ついでのCANNONDALE・SL2でのポタリング長野市大豆島(まめじま)を周遊し落合橋附近へ回ったところ,堤防の草が何やら意図的に刈り残されているのを見つけて近づいてみました.そこに生えていたのがこれ.

f:id:maironef:20210612193817j:plain

f:id:maironef:20210612193920j:plain

f:id:maironef:20210612194007j:plainクララです.

茎葉の先端部分を噛み潰してみれば超ゲキニガ.この苦味で目もくらむというのが名称の由来といわれます.

f:id:maironef:20210612194423j:plain花の部分です.

長野県東部のある地域では,これが(確か)希少種のチョウであるオオルリシジミの食草になっているため,地域ぐるみで自生現場の保全に力を入れているといいます.

これもそれに類するチョウを寄せるのを意図して刈り残されたのでしょうか,(多分,普通の)ルリシジミも飛んで来ていました.

根元にはチガヤ(ツバナ)やクサボケ等の自生も見られました.

今日は風向きからいうと南の方角へサイクリングに出かければ帰りのラクチンな追い風のアシストが期待できるところでしたが,諸事情で気力が湧かず諦めましたw.

それではまた.

 

近所のTVアンテナの上で啼くカッコウ

こんばんは.マイロネフです.

 

今の時季は長野市の中心部近くでもカッコウの声が聞こえることがあります.昨日(2021年 6月10日・)帰宅直後も近所からカッコウの声がしたので,2階の自室から見ると近所の住宅のTVアンテナの上で啼いているのが見えましたので撮影に何とか成功しました.

コンデジの性能の限界で幾分不鮮明ですが何卒ご了承のほどを.

f:id:maironef:20210611223712j:plain

f:id:maironef:20210611223547j:plain

f:id:maironef:20210611223822j:plain

f:id:maironef:20210611224054j:plain

この鳥も姿を見ることはなかなか難しいですが,朝や夕方に電線の上などでも啼いているのが見えると何か嬉しくなりますね.

しかし自分の巣にこの鳥に卵を産み付けられ,孵化した雛に卵を捨てられたオナガの親鳥は悲しく「ジューイ!! ジューイ!!」と啼き叫ぶのでしょうか.
それではまた.

ヤマシャクヤク②

こんにちは.マイロネフです.

先日の戸隠ヒルクライムサイクリングで訪れた森林植物園入口を入ってすぐ右にある「八十二 森のまなびや」前の花壇で,今季のヤマシャクヤクの花の新規撮り下ろしに何とか成功しましたので,ここにご覧に入れたいと存じます.

先ずは全体の姿図から.

f:id:maironef:20210605153721j:plain

f:id:maironef:20210605153902j:plain

f:id:maironef:20210605154024j:plain平面図に近い角度で.

f:id:maironef:20210605154154j:plain花の部分.

f:id:maironef:20210605154441j:plainこのふっくらした花の姿が何とも言えない魅力です.

ここでは先にUPした他の自生地より開花期が遅いようですね.

来季には,もし叶うならば是非完全にナチュラルの状態で咲いているところに逢いに行きたいものです.

それではまた.

トガクシショウマ

こんばんは.マイロネフです.

 5月30日()の戸隠ヒルクライムランで,奥社参道近くの森林植物園まで足を延ばして,これなる貴重な草花と対面が実現しました.

f:id:maironef:20210603211554j:plain

f:id:maironef:20210603211700j:plain

f:id:maironef:20210603212016j:plainこれがトガクシショウマ(トガクシソウ)

です.

f:id:maironef:20210603212243j:plain

f:id:maironef:20210603212334j:plainこれは森林植物園へ入ってすぐ右手にある,この施設の花壇で栽培されているものです.

f:id:maironef:20210603212617j:plain

f:id:maironef:20210603212755j:plain

本来ならば山奥深く分け入らないと対面が不可能と思われるこの植物も,このような施設で誰もが容易に,つぶさに観察,学習できるのは実に有難い限りです.

今回はやや見頃を逸していましたが,来季以降また機会を持てれば是非再会したいものです.

それではまた.

シラネアオイat戸隠 2021

こんばんは.マイロネフです.

先日(2021年 5月30日・),戸隠へCOLNAGO・Arteに乗ってヒルクライムサイクリングに行って来ました.実はその約1週間前,近くまで仕事に来た時偶然にも実に貴重な亜高山性の草花に対面できまして,その後日数が経過したので多分ダメか,しかしそれでもと思って出かけた次第.

f:id:maironef:20210602165801j:plain

f:id:maironef:20210602164915j:plain案の定,見頃はすっかり過ぎていました.それでも辛うじて数輪が咲き残っていて・・・・・・・.

f:id:maironef:20210602165138j:plain

f:id:maironef:20210602165241j:plain

f:id:maironef:20210602165402j:plainこれがシラネアオイです.

f:id:maironef:20210602165607j:plain

f:id:maironef:20210602170028j:plain本来なら,本格的な登山道へでも入って行かなければ見ることのできない貴重な在来野生種,それも本邦特産の固有種がサイクリングでも来れるこの目抜きの場所にまとまって育っているのは実に奇跡的です.

f:id:maironef:20210602170451j:plain

f:id:maironef:20210602170958j:plain雄しべは多数,雌しべはあまり目立ちません.

f:id:maironef:20210602171242j:plain

f:id:maironef:20210602171442j:plain

f:id:maironef:20210602171611j:plain

f:id:maironef:20210602171722j:plain

f:id:maironef:20210602171846j:plain来季には,是非とも開花時期に来合わせたいところです.

詳細は以下のブログをどうぞ.

maironef.livedoor.blog

それではまた.

2021 田植えの前に

こんばんは.マイロネフです.

今日(2021年 5月23・)は午前中の間合い時間を利用してCOLNAGO・Arteに乗り長野市東部方面へごく短時間の❝快速ポタリング❞に行ってきました.

その帰り道にかかる所の水田で,田植えの準備が始まっていました.そこで見かけた鳥と草花を.

f:id:maironef:20210523211545j:plainアオサギが2羽います.手前にうずくまっているのがカモの一種(アイガモ?)と,画像を取り込む際に分かりました.

f:id:maironef:20210523211932j:plain

f:id:maironef:20210523212033j:plain代わってはこの草花.f:id:maironef:20210523212201j:plain改めてご説明するまでもないかと思いますが,コメ作り環境の激変のためか,気が付けば滅多に見られなくなりました.絶滅危惧種にならなければ良いのですが・・・・・・・・・・.

f:id:maironef:20210523213008j:plain長い蔓はカラスノエンドウです.

それでは今回はこの辺で.

我が家の初夏の花とカエデ

こんにちは.マイロネフです.

このところ遠出も意の如くならないので,今回は我が家の初夏の花と鉢植えのモミジをご覧に入れたいと存じます.

f:id:maironef:20210520124655j:plainジャーマンアイリスの1番花です.周辺より少し遅れましたが今年も開花してくれました.

これは各所で比較的よく見かける品種です.

f:id:maironef:20210520125024j:plain

f:id:maironef:20210520125107j:plain

次はこのシャクヤク

f:id:maironef:20210520125304j:plain朝方の開花し始めの状態.

f:id:maironef:20210520125426j:plain昼頃になって全開になりました.

f:id:maironef:20210520125602j:plain当方の実家で戦前からあった品種らしいです.

代わってはこれ.

f:id:maironef:20210520125835j:plainシランです.

続いて我が家の鉢植えのカエデ類を.

f:id:maironef:20210520130016j:plain

f:id:maironef:20210520130113j:plain

f:id:maironef:20210520130150j:plain

f:id:maironef:20210520130325j:plain

f:id:maironef:20210520130412j:plain

f:id:maironef:20210520130457j:plain

f:id:maironef:20210520130540j:plainこの品種が実生でできるのは極めて珍しいです.

f:id:maironef:20210520130850j:plain二股に分かれたので,今後どう仕立てるか悩んでいます.この枝が2本共徒長枝っぽいので,紅葉が終わったら切り詰めてみるとしましょうか.

それではまた.