今年も咲いたセツブンソウ

こんばんは.マイロネフです.

ウメが咲いたので,そろそろこの花もと,昨日(2021年 2月28日・),しなの鉄道戸倉駅の裏山へCOLNAGO・Arteに乗って出かけました.

先ずは屋代駅で.

f:id:maironef:20210301184454j:plain2週間前に戸倉駅で見たしなの鉄道の新造車2編成が,試運転で来ていたようです.

ここでも思わしい構図で安全に写せる場所が無く,とりあえずこれで何とか・・・・・・・というところ.

では本題のセツブンソウの花を,こちらのサイトをご覧の皆様にも.

f:id:maironef:20210301185221j:plain

f:id:maironef:20210301185447j:plainまだ2月の末でしたので“旬の走り”といったところです.しかし寒冷な当地としては早いです.

f:id:maironef:20210301185304j:plainこれが標準的なウメ咲き.

f:id:maironef:20210301185851j:plain

f:id:maironef:20210301190033j:plain

f:id:maironef:20210301190109j:plain

f:id:maironef:20210301190216j:plainこの自生地では比較的出現率の高い八重咲きもあります.

f:id:maironef:20210301190359j:plain木漏れ日の当たる場所で.

f:id:maironef:20210301190506j:plain

f:id:maironef:20210301190538j:plain

では今回はこの辺で.

善光寺境内のウメも咲きました

こんばんは.マイロネフです.

今日(2021年 2月21日・)も長野の2月にしては尋常でない高温になりました.そこで善光寺境内辺りのウメもそろそろ咲いたかと思い,昼前後にCOLNAGO・Arteに乗って出かけてみました.

f:id:maironef:20210221222034j:plain

実際には昨日の午前中の方が,本堂の屋根に雪が残っていて,もっと❝絵になった❞ところだったのですが.

f:id:maironef:20210221222333j:plainウメの花らしい芳香も漂わせていましたね.f:id:maironef:20210221222416j:plain

f:id:maironef:20210221222555j:plain

f:id:maironef:20210221222654j:plain数日前の雪と凍結で花が傷んでしまったのが残念です.こうなると,一般に果実は不作になることが多いですから・・・・・・・.

で,こちらは善光寺大門の交差点東側の紅梅.

f:id:maironef:20210221223022j:plain

f:id:maironef:20210221223059j:plain前回UPした時より開花が進みましたが,やはり雪による凍結被害は気懸かりです.

こちらは中央通り・表参道沿いの紅梅です.咲き始めが遅い分,雪などによる凍結被害は少なくて済んでいます.

f:id:maironef:20210221223347j:plain

f:id:maironef:20210221223654j:plain

では今回はこの辺で.

長野の季節はまた逆戻り

こんばんは.マイロネフです.

 

今日(2021年 2月17日・)は長野市中心部では夕刻の積雪が14cmになりました.このところの暖冬で地温は上がっていたところに真冬らしいふかふかの雪が降ったので,路面はびしゃびしゃ.明朝は凍結が気懸かりです.

そこで先日の千曲市内へのサイクリングで見かけた,遠景の山と早春の麦畑の風景等の画像をご覧頂きたいと存じます.

f:id:maironef:20210217220909j:plain長野市松代地区の千曲川堤防から見た白馬鑓ヶ岳等.

f:id:maironef:20210217221102j:plain赤坂橋の上で.この日は行程の前半で,少なくとも延べ8人程のロードバイク乗りとすれ違ったり見かけたりしました.

f:id:maironef:20210217221422j:plain篠ノ井地区の小学校跡地のウメ(紅梅)も開花していました.

f:id:maironef:20210217221554j:plain千曲市内の「アンズの里」へ向かう途中にあるムギ畑.

f:id:maironef:20210217221722j:plain

f:id:maironef:20210217221826j:plain今の段階では,構図の取り方で思いがけないデザインを見るようです.

f:id:maironef:20210217222010j:plain
このような二毛作は減る傾向にありますが,辛うじて残っていると嬉しいものです.またヒバリの舞い歌う姿を見られればと思えば楽しみになります.

この地域では多分,今回の積雪はさほどではないと思われますが,これで季節の帳尻が合う結果になるのかも.

それではまた.

しなの鉄道の間近な新旧交代

こんばんは.マイロネフです.

大変遅れ馳せになりましたが,最近しなの鉄道に入った新車輌を見に本日(2021年 2月14日・戸倉駅までCOLNAGO・Arteに乗って行ってきました.

未だ車庫に入っている状況で,撮影場所の制約もあって思わしい構図ではありませんがご了承下さい.

f:id:maironef:20210214220815j:plain

f:id:maironef:20210214221013j:plain

乗降口ドアの窓はJRのE231系と同じ様式です.

f:id:maironef:20210214221157j:plain

f:id:maironef:20210214221307j:plain電気的なメカニズムもVVVFと,最新式です.

f:id:maironef:20210214221614j:plainこの内部は車椅子やベビーカーなど,弱い立場の利用客にも配慮した構造になっているようです.

f:id:maironef:20210214221947j:plain

中央の乗降口から連結面寄りはセミクロスシート

f:id:maironef:20210214222142j:plain

乗務員室寄りはロングシート

先に登場した編成と異なり,この2編成は普通列車(各駅停車)運用が主体のため,車内の設備は簡素化されている模様です.

f:id:maironef:20210214225353j:plain本日使用した我が愛車.

f:id:maironef:20210214225507j:plain

 

ついでに,在来の115系の中からこの一部編成を.

f:id:maironef:20210214223046j:plain

f:id:maironef:20210214223226j:plain駅の中に湘南色の編成(2輌)も見えたので,入場券を買い求めて撮影へ.

この値段が¥190円とは,現状の私には軽くない負担です.

f:id:maironef:20210214223704j:plainこの2輌編成の姿図.コンデジの性能のためか,湘南色の正確な色調が出ておりません.何卒ご了承下さい.

f:id:maironef:20210214224043j:plain

f:id:maironef:20210214224223j:plain

f:id:maironef:20210214224118j:plain

f:id:maironef:20210214224505j:plainこちらの車輌にはトイレの設備が付いていましたが・・・・・・・.

f:id:maironef:20210214224636j:plain現在は非常用の器材の収納室になっています.

f:id:maironef:20210214224853j:plain奥に見えるスカ色の3輌編成も一緒に写せました.

f:id:maironef:20210214225110j:plain

f:id:maironef:20210214225204j:plain今日は「ろくもん」の運行日でした.

それでは今回はこの辺で.

長野市で一番早いウメの花

こんばんは.マイロネフです.

2020~2021年の冬も,また暖冬傾向で終わる可能性が高まっています.

こんな中,数日前に長野市中心部で善光寺に近い交差点の際で,一足早くウメ(紅梅)が開花したのを確認したので今日(2021年 2月12日・)改めて撮影してきました.

f:id:maironef:20210212210931j:plain

f:id:maironef:20210212211117j:plain今日は青空が今一つ冴えなかったのが少々残念.

f:id:maironef:20210212211316j:plain

f:id:maironef:20210212211401j:plain周囲の建物や舗装道路の輻射熱の効果で,他より明らかに早いです.

f:id:maironef:20210212211558j:plain

f:id:maironef:20210212211718j:plain八重の紅梅です.

f:id:maironef:20210212211823j:plain未だ三分咲き以下のためか,ウメらしい花の香りは感じられませんでした.

f:id:maironef:20210212212014j:plain来週はまた雪が降るなど,気温も真冬に逆戻りの予報が出されています.このウメも一応果実は成ります(実際は誰にも利用されていない模様)が,開花が早過ぎると,また果実の不作が心配になります.

そういえば,緊急事態宣言の影響も加わってか,スキーヤースノーボーダーらしい若者の姿は全く見られません.

長野市内では他にもある民家の庭先で紅梅が開花していますが,SNSなどへ出すのはお断りとの事でしたので,このウメで❝開花宣言❞としても良いのかも.

それではまた.

フルメンテサービスでさっぱり

こんにちは.マイロネフです.

2009年春先に購入した,この我が愛車

f:id:maironef:20210207144032j:plain

COLNAGO・Arte105です.12年目を迎えて1回全般的な検査が必要な状態になりました.

この自転車の購入先で,現在冬季のフルメンテサービスを通常より格安で実施してもらえるという訳で,ようやく予算の算段が付いたことから,今回依頼することにしました.

12年間で積算走行キロは僅か16,400km余りですが,特にブレーキとディレイラのワイヤ類の張替え,チェーンの2回目の取替が何としても必要な段階でしたので,とにかく1日に百数十km程度は安心して走れるようにして欲しいとお願いしました.

f:id:maironef:20210207145047j:plain上回り.

f:id:maironef:20210207145151j:plain

f:id:maironef:20210207145226j:plainハンドルバーのテープはワイヤの張替えに合わせて更新しました.”COLNAGO"の純正の同色のテープは在庫切れと価格の問題から,"prologo"に変更しました.しかし色彩の見栄えも使い心地も従前と変わりなく上々です.

f:id:maironef:20210207153522j:plainサドルの汚れは当方で落としました.しかし先端部のスリキレがやや目立ち始めています.

f:id:maironef:20210207150226j:plain走り装置.チェーンホイールは業務用の洗浄剤やワックス等で綺麗になりました.勿論チェーンは取替済みです.

f:id:maironef:20210207150834j:plain

f:id:maironef:20210207150916j:plainやや摩耗が進んでいますが,この程度なら当面使えそうです.

リヤのスプロケットも総バラシで清掃してもらいました.歯数はトップから11~28T,10段です.

f:id:maironef:20210207152242j:plain

f:id:maironef:20210207151351j:plainアウター×ローで支障が出ないよう,チェーンの長さを2リンク長めにしたとのこと.こういう組み合わせはチェーン自体のためには好ましくないのですが.

f:id:maironef:20210207151933j:plain

f:id:maironef:20210207152153j:plain泥油の汚れが目立っていたフレームのB.B周りも綺麗になりました.

因みに費用は更新した部品代と

合わせて総額¥33,955円でした.

 

今後は従前のような長距離走はなお困難になりそうですが,暫くはせっかく綺麗にしてもらった車体を汚さない様に,好天続きの時の休業日を利用して近場へ走りに行きたいものです.

それではまた.

上田市内の歴史的な建物③

こんにちは.マイロネフです.

蚕糸で発展した上田市の歴史に因んでもう1軒,それにまつわる歴史的建造物をご紹介したいと存じます.撮影は2018年12月 2日です.

f:id:maironef:20210117163739j:plain

旧上田蚕種協同組合の建物です.

f:id:maironef:20210117164109j:plain

f:id:maironef:20210117163858j:plain電話番号の表示も懐かしいです.「磁石式電話」と言っても若い方にはお分かりにならないかもしれませんが,50年程前までは交換手が電話を取り次ぐ方式の電話局が,地方によってはまだ残っていました.

f:id:maironef:20210117164530j:plain正面玄関です.

f:id:maironef:20210117164711j:plain破風の部分にカイコガの成虫と繭をデザインした装飾が見られます.

f:id:maironef:20210117165025j:plain現在何の用途に利用されているか失念しましたが,また機会があれば確かめてみたいと思います.

f:id:maironef:20210117165314j:plainf:id:maironef:20210117165412j:plainこの建物の前を通る道路です.水色の自転車用のスペースは歩道の縁石の日陰の分まで広くとってもらいたかったですね.

続いてはこちら.

f:id:maironef:20210117165702j:plain

f:id:maironef:20210117170316j:plain
信濃国分寺本堂と

f:id:maironef:20210117165816j:plainその三重塔です.

f:id:maironef:20210117170029j:plain解説板はこれ.

f:id:maironef:20210117170459j:plain

最後に.

f:id:maironef:20210117170618j:plain上田市内から見える槍ヶ岳です.この年も,年末になっても雪が少なかったですね.

それではまた.