2019春,長野市内中心部のサクラ巡り②

では前段の続きで,長野地内中心部の

サクラをもう少し回ります.

f:id:maironef:20190422130202j:plain

f:id:maironef:20190422130300j:plain

これはひまわり公園に植えられている,

一応「ヤマザクラ」とされているサクラです.

ソメイヨシノよりも白に近い花色で,この日は青空で見栄えがしました.これが花曇りの天候だったら何とも・・・・・・・・なのですが.

f:id:maironef:20190422130749j:plain

f:id:maironef:20190422130929j:plain

小さな新葉が野生系らしさを見せています.

f:id:maironef:20190422131207j:plain

やや不鮮明で恐縮ですが,花の部分図です.

では次のサクラへ移ります.

f:id:maironef:20190422132258j:plain

これはある古書店の前に植えられている

野生系のサクラです.

f:id:maironef:20190422132456j:plain

f:id:maironef:20190422132542j:plain

f:id:maironef:20190422132709j:plain

このサクラは紅葉も美しく発色します.その時季になったらまたUPしたい考えでおりますが,色付いたと思ったら間もなく散ってしまいます.

 

f:id:maironef:20190422133426j:plainこれは善光寺大門の交差点脇のヤエベニシダレです.

ここのシンボル的な存在です.

 

そして最後に

f:id:maironef:20190422133748j:plain

仁王門脇のカンザクラ(?)です.

暖冬の年によっては年末年始の頃からちらほら咲いていることもありますが,

やはり今の時季が本来の花盛りになります.

 

では今回はこの辺で.

 

全走行距離;41.25km

実走行time; 2時間34分42秒

平均時速;15.9km/h

最高瞬間時速;43.5km/h

積算走行キロ;15,504km

2019春,長野市内中心部のサクラ巡り

こんにちは.マイロネフです.

 

昨日の鳥居川沿いの“山野草園”訪問に

先立って,長野市内中心部でそろそろ

今季見納めのサクラの内,

毎年私がここはと思っている見どころの

サクラを回ってみました.

f:id:maironef:20190421093650j:plainこれは裾花川沿いのある集合住宅の前に並んで植えられている「陽光」です.

f:id:maironef:20190421094246j:plain

同じく裾花川縁で.皆様どなたもご存知の

味噌メーカーの脇のヤエベニシダレザクラ

並木です.

f:id:maironef:20190421094715j:plain

f:id:maironef:20190421094822j:plain見頃のピークは幾分過ぎていて,薄墨色がかっていました.

f:id:maironef:20190421095718j:plain

f:id:maironef:20190421095907j:plain

f:id:maironef:20190421100004j:plain

 

こちらはJRの鉄橋の南側に咲いていたヤエベニシダレです.

f:id:maironef:20190421100130j:plain

f:id:maironef:20190421100320j:plain

f:id:maironef:20190421100511j:plainこの種のサクラは七~八分咲き位が最も花色の見栄えがするようです.

f:id:maironef:20190421100722j:plain

河川敷の中で,一種の菜の花がまとまって

咲いている場所がありました.

ノザワナのこぼれ種子で出たのでしょうか? 甘い芳香も漂ってきます.

 

次は長野県庁舎の裏手で.

f:id:maironef:20190421102205j:plain

f:id:maironef:20190421101957j:plain

f:id:maironef:20190421101326j:plain

f:id:maironef:20190421101812j:plain

f:id:maironef:20190421102347j:plain

f:id:maironef:20190421102440j:plainこれもソメイヨシノと交互に植えられていれば

かなり見栄えがするでしょう.

(続く)

とっておきのカタクリをここでも発見!!

こんばんは.マイロネフです.

今日( 4月20日)は予定の変更のため,

長野市内で終盤を迎えつつあるサクラ巡りに

COLNAGO・Arteに乗って出かけたついでに

豊野町の鳥居側沿いの“山野草園”まで,ふと

思いついて足を延ばしました.

f:id:maironef:20190420201357j:plain

ここは少なくとも十数年以上前から毎年の恒例のように

自転車で訪れている場所です.

カタクリ以外にもキクザキイチゲアズマイチゲ

その次はイチリンソウイカリソウ,夏はヤブカンゾウ

などを見ることができます.

しかし以前と比べ,放置されて荒れた印象ががあり,

個体数も疎らになったように見受けられました.

f:id:maironef:20190420202428j:plain

それでも愛車に乗って対面できれば嬉しいもの.

これが三十数年以上の毎年の恒例です.

f:id:maironef:20190420202639j:plain

f:id:maironef:20190420202739j:plain

f:id:maironef:20190420202846j:plain

f:id:maironef:20190420202951j:plain

f:id:maironef:20190420203120j:plain

では前置きが少々長くなりましたが,

ここでご覧に入れたいと存じます.

f:id:maironef:20190420203516j:plain

以前にもご紹介しましたが,

8枚花被片カタクリです.

f:id:maironef:20190420203835j:plain

手指を添えて起こしてみました.

f:id:maironef:20190420204012j:plain

雄しべの数も,花被片と同じく

ちゃんと8本有るのが分かります.

もう1枚,“普通の”カタクリでも花色の鮮やかな花を.

f:id:maironef:20190420204557j:plain

f:id:maironef:20190420212945j:plainこれがカタクリの発芽したての実生苗のようです.

この段階から開花まで7~8年

要するといいます.

残念ながら当地では今一つ関心が薄いようですが,西長野のカタクリ園と同様適切な管理が実施されれば名所にもなり得ます.

地元の小中学校などで環境学習に是非活用してほしいものです.

 

今回ここへ来る前の長野市内のサクラ巡りは,また改めてUPしたいと思います.

長野市南部&千曲市稲荷山のサクラ巡り②

では引き続いて千曲市

稲荷山公園へ向かいます.

稲荷山地区の山裾に位置しています.

f:id:maironef:20190419201358j:plain

サクラの類の他,コブシの樹もあります.

f:id:maironef:20190419201748j:plain

f:id:maironef:20190419205453j:plainこの公園のサクラはソメイヨシノだけでなく

野生系の種類が目につきますね.

f:id:maironef:20190419202116j:plain

f:id:maironef:20190419202329j:plain

これはオオヤマザクラでしょうか? 赤みの濃い種類です.

f:id:maironef:20190419203903j:plain

f:id:maironef:20190419203639j:plain

 

f:id:maironef:20190419202629j:plain

これは別種の野生系ザクラです.

枝ぶりがソメイヨシノなどと比べると自然な感じがします.

f:id:maironef:20190419202804j:plain

f:id:maironef:20190419203156j:plain

この野生系ザクラは臙脂色の小さな新葉が花と同時に出るのが特徴です.

f:id:maironef:20190419204022j:plain(上と下の画像でホワイトバランスの設定を変えてあります)

f:id:maironef:20190419204245j:plain

f:id:maironef:20190419205011j:plain

f:id:maironef:20190419205335j:plainではここを後にして,長野市松代へ向かいます.

f:id:maironef:20190419205718j:plain

女山さいじょざん)の頂上もサクラの公園になっています.


(♫車内放送オルゴール・ハイケンスのセレナーデ

 

次は松代(海津)城址です.

こちらも長野市内の代表的な花見の名所です.

f:id:maironef:20190419211106j:plain

f:id:maironef:20190419211259j:plainこちら側は午前中の方が良い画像(写真)が撮れます.

f:id:maironef:20190419211738j:plain

f:id:maironef:20190419211837j:plain

f:id:maironef:20190419212004j:plain

f:id:maironef:20190419212121j:plain

では今回はこの辺で.

長野市内のサクラも開花の早い所は散り始めました.

 

全走行距離;50.61km

実走行time;2時間59分25秒

平均時速;17.0km/h

最高瞬間時速;39.5km/h

積算走行キロ;15,462km

長野市南部&千曲市稲荷山のサクラ巡り①

こんばんは.マイロネフです.

 

今日( 4月18日・)は週末の業務日の代休として1日空いたので,COLNAGO・Arteに乗って近場のサクラ巡りと洒落こみました.

先ずは安茂里地区のヤマザキデイリー名物のこのパンで動力源の補給です.

f:id:maironef:20190418223027j:plain

f:id:maironef:20190418223150j:plain

ソメイヨシノとヤエベニシダレが交互に植えられていて良い彩りです.

小松原の神社でもベニシダレザクラが見られました.

f:id:maironef:20190418223940j:plain

(♬車内放送オルゴール・鉄道唱歌

次は小松原,光林寺です.

f:id:maironef:20190418223637j:plain

本堂の下の見事なシダレザクラが見えてきます.この手前の

白い花はプラムですね.

f:id:maironef:20190418224143j:plain

年代物の堂々たるシダレザクラです.

f:id:maironef:20190418224329j:plain

f:id:maironef:20190418224506j:plain

f:id:maironef:20190418224603j:plain

右下のソメイヨシノとの組み合わせです.好天に恵まれ近隣の保育園や小学校低学年の児童も訪れていました.

f:id:maironef:20190418224900j:plain

f:id:maironef:20190418224938j:plain

山門の彫刻も見どころです.

f:id:maironef:20190418225102j:plain

シダレザクラの一部分です.

f:id:maironef:20190418225227j:plain

f:id:maironef:20190418225337j:plain

今度はこちらのパン屋さんで補給食にもう1個.

f:id:maironef:20190418225444j:plain

珍しいエビチリドーナツです.ごく少量のトウガラシのピリ辛が味にアクセントを付けています.生地のもっしりとした粘りもいいですね.

次回はどれにしようか楽しみになります.

f:id:maironef:20190418225842j:plain営業案内はこちら.

f:id:maironef:20190418225917j:plain

では今夜も時間ですので,続きはまた後ほど.

ここにもあった“ド根性ザクラ”

こんばんは.マイロネフです.

 

当方の徒歩圏内にも,根元を注目したいサクラ

エドヒガン種らしい)が,今年も美しく咲いています.

f:id:maironef:20190417204940j:plain

一見,何の変哲もないように見えますが・・・・・・・・.

f:id:maironef:20190417205245j:plain

やはりこれも,よくこんな所から芽を出し

ここまで育ったものよと感嘆させられます.

用水路沿いの公有地だそうです.

f:id:maironef:20190417205659j:plain

近隣の方の話では,カイガラムシや蔓性植物の影響を見かねて手入れをした結果,このように見事に咲くまでになったとのことです(感謝).

f:id:maironef:20190417210442j:plain

詳細な場所については,関係者に思わぬ迷惑が及ぶ恐れがあるのでご案内は控えます.

ここ1~2日,当地でも急激に気温が上がり,一気にサクラ類の開花が進みました.

とりあえず近場のサクラを近日中にUPしたいと考えているところです.

 

それではまた.

我が家で2番目のスミレ

こんばんは.マイロネフです.

今日はこの春一番の高温になり,長野駅附近から徒歩30分圏内の市街地のソメイヨシノはほぼ満開になりました.

 

一方,我が家では植木鉢の中にヒゴスミレの一番花が開花です.

f:id:maironef:20190416180010j:plain

f:id:maironef:20190416180107j:plain

このヒゴスミレは,2~3年前に母親がある方から頂いた親株の実生で育った個体で,自力で鉢の土の中に根を下ろしたためか,凍るような冬の低温にも耐えて育ってくれました.

f:id:maironef:20190416180958j:plain

f:id:maironef:20190416182357j:plain

まだこれからの実生苗もあります.

f:id:maironef:20190416181116j:plain

花をドUPで.ニオイスミレと同様な芳香があります.

f:id:maironef:20190416181425j:plain

f:id:maironef:20190416181515j:plain

大まかに5つに分かれるコスモスのような

葉が特徴です.

花だけでなく,葉も美しいスミレの1つです.

 

これについてはもう少し咲き揃った段階で,また改めてUPしたいと思います.

ついでに.

f:id:maironef:20190416182008j:plain

我が家のサクラ(非ソメイヨシノ)も一気に四分咲き程度になりました.

 

それではまた.