年代物の建築がまた消えて・・・・・・・・・

 こんばんは.マイロネフです.

 

今朝の当地の地域紙「長野市民新聞」の記事によりますと,長野市南部の老舗日本料理店の旧店舗が今般,都市計画道路建設のため解体撤去されることになったということです.

そのお店は看板だけは私も少年期から知ってはいましたが,本館が今日では超レアな木造3階建てとは全く気付いておりませんでした.さらに同記事によれば,鶴亀が彫刻された天井,銘木を使用した床柱,組子細工などの特色あるインテリアは専門家が「文化財モノ」と評価するほどで,地元の各種有力団体は署名集めなどをして長野市による保存活用の実現に努力をしました.

しかし,民有資産の保全自治体が主導しての公的資金(税金)による援助はできない建前論が障壁となって一頓挫.経営者側も移築保存は断念され,消滅は避けられない結果になってしまいました.

知らずに画像の撮影など記録しそびれたのは私としても残念です.

この都市計画道路自体が今後必要なのか,総人口が減少傾向の今の時代となっては疑問を感じます.渋滞対策なら車の総量を減らす方が得策だと思うのですが.

同地区では他にも,1~2軒しか現存していなかった,この茅葺き古民家も

f:id:maironef:20190817175641j:plain

f:id:maironef:20190817182335j:plain
残念ながらこの1~2年の間に解体され,小ぢんまりした住宅に建て替えられたようです.この建物は近年は住居として使用されていなかった模様なので,そうなるのは以前から時間の問題と気には懸けていました.

しかし茅(カヤ)の葺き替えだけで新築並みともいわれる¥費用負担が最大の問題で,有効に活用されるあてがなく,しかも経済的にもメリットが何も無いとなると他人様の資産のことですからどうにもなりません.

 

城下町として著名なこちらの地区

f:id:maironef:20190817191827j:plain

でも事情は同様で,

f:id:maironef:20190817183030j:plain

f:id:maironef:20190817183217j:plainこの屋敷門は特に激レアな茅葺きでしたが,やはり所有者の事情で門の本体部分が切り取られ,駐車場として活用されることになったといいます.資材は一応地元有志の力で保管されてはいるものの,移築復元の見込みは現時点では報じられてはおりません.

概して民間,特に個人所有の歴史的な建築物件は,自治体などが“口は出しても金は出さない”ため,のしかかるその負担が持ちこたえられなくなっている例が多く,所有者のとかくの不満の種になっています.

京都の町家建築などは最近一段と危機的な状況が深刻化しているようですね.普通,修学旅行では日本史の学習に関わる代表的な社寺は見学してもその辺までは調べないことが多いので,気付かないうちに古都らしい風情も,日本的な旅情も消滅してしまうのではないでしょうか.

政府などが“日本の伝統文化を尊重して守る”気があるなら,その形を残す具体的な支援策と人材の育成策が必要です.標語だけを叫ぶ精神主義,根性主義では誰も協力できませんし,“努力義務”と称して所有者にのみ負担を押し付けるのは無責任です.

件の料理店では,その旧店舗の見るべき資材の一部は新店舗に活用されるというのがせめてもの救いです.ついでにそのお店のすぐ近くにあるこの木造建築も,今後見逃せない存在になるかもしれません.

f:id:maironef:20190817191030j:plain

 それではまた.

先行きが危ういデンジソウ

こんばんは.マイロネフです.

先日(2019年 8月 4日・),千曲市内で気に懸かっているデンジソウをCOLNAGO・Arteに乗って,確かめに行ってみました.前回(2019年 7月 7日・)以来となります.

先ずは1箇所目.

f:id:maironef:20190807170235j:plain新しい葉は出ていたものの,sizeが小さく,個体数自体が激減しています.

f:id:maironef:20190807170619j:plain

f:id:maironef:20190807170703j:plain

こちら下の6枚が2012 年 8月19日,ほぼ同じ場所で撮影したデンジソウです.

f:id:maironef:20190807170851j:plain

f:id:maironef:20190807171040j:plain

f:id:maironef:20190807171156j:plain

f:id:maironef:20190807172535j:plain

f:id:maironef:20190807171304j:plain

f:id:maironef:20190807171353j:plainこの畔の止水板の隙間からも葉が出ていましたが,今回は全く見られませんでした.

どうも除草剤の影響ではないかと気に懸かります.

近隣の水田でも・・・・・・・・・.

f:id:maironef:20190807180707j:plainこれは7年前,県立歴史館の企画展にこの自転車で訪れたついでに回っていた時,全くの偶然に発見したものでした.

f:id:maironef:20190807172330j:plain

f:id:maironef:20190807172822j:plain

7年前はイネの株間にもこのとおり,雑草で困るほど生えていたのですが・・・・・・・・・.

f:id:maironef:20190807173422j:plain

f:id:maironef:20190807173518j:plain今回は畔の際で,他の植物の葉陰で僅かに残存していました.ここでは電気柵が張り巡らされていますので,近接しての観察,撮影は無理でした.

 

次に2箇所めへ移ります.35℃を超える炎天下であまり無理をしてはいられません.

f:id:maironef:20190807174332j:plain

f:id:maironef:20190807174548j:plainこちらでは生育状況は順調のようでしたが・・・・・・・・・.

f:id:maironef:20190807174807j:plain

f:id:maironef:20190807174848j:plain以下3枚は2018年 8月15日の撮影です.

f:id:maironef:20190807175255j:plain

f:id:maironef:20190807175544j:plain

f:id:maironef:20190807175657j:plainこの時は田の畔の上にも,シロツメクサと交じって生えている部分もありましたが,今回は昨年と比べると明らかに激減していました.

この自生地の周辺では宅地化も進んでおり,いつどうなってもおかしくなさそうです.

シダ植物の一種であり,可憐な花が咲くわけではなく,稲作の支障にもなるためか,保全に一般の人の関心は極めて薄いのが実情です.

しかし両自生地とも全く予断を許さない危機的な状況にあり,何とか早めの理解ある対応が望まれます.実際に自生地の水田が埋め立てるなどされて,❝しまった❞と思ってからでは間に合いません.

それではまた.

 

やがて見納めか,湘南カラー

おはようございます.マイロネフです.

昨日(2019年 8月 3日・)夕刻,長野駅湘南色2輌編成の115系の姿を撮影することができましたので,その画像をご覧に入れたいと存じます.

日没の時間のこととて画像を取り込む際に色の補正はしましたが,正確な色合いにはなっていませんのでご了承願います.

f:id:maironef:20190804055414j:plain

クモハ114-1511号です.

f:id:maironef:20190804055503j:plain

こちらは

f:id:maironef:20190804055941j:plain

クモハ115-1075号です.

f:id:maironef:20190804060157j:plain

この他に3輌編成の湘南色もありますが,そちらは色が褪せ始めていて如何にも引退間近,40年間ご苦労様といった雰囲気となっています.

今度は台湾自強号色の編成も機会を見て記録に留めたいところです.

それではまた.

真夏の野山の花をもう数種類

では前段との関連で,野生種の草花をもう数種類お目にかけたいと存じます.

f:id:maironef:20190728202821j:plainオモダカです.水田の中によく自生が見られます.

f:id:maironef:20190728203043j:plain

f:id:maironef:20190728203135j:plain

f:id:maironef:20190728203253j:plain

f:id:maironef:20190728203757j:plain

続いて

f:id:maironef:20190728204234j:plain

ヤマホトトギスです.

f:id:maironef:20190728204327j:plain

f:id:maironef:20190728204915j:plain2016年 7月17日,長野市街地から程近い山裾で.当方のポタリング圏内で唯一の自生地です.

f:id:maironef:20190728205521j:plain開花前の状態です.

f:id:maironef:20190728211219j:plain苗の状態の時に葉の表面に出る斑点が微かに残っています.

これは2016年 7月10日の撮影.

同じ日に 撮影のこの花.

f:id:maironef:20190728211651j:plain

f:id:maironef:20190728211922j:plainアサザです.長野市内で2箇所にのみ自生する水生植物で,環境省では準絶滅危惧,長野県では準絶滅危惧Ⅱ類にランクされております.

f:id:maironef:20190728212601j:plainこれ以上の接近は危険でした.そこで2012年 8月16日,同市内の別の自生地で撮影したアサザの花を.

f:id:maironef:20190728214938j:plain

f:id:maironef:20190728215125j:plain

f:id:maironef:20190728215329j:plain

最後に.

f:id:maironef:20190728220457j:plain

f:id:maironef:20190728215644j:plain

フシグロセンノウです.林の中に一際鮮烈な花色で真夏を感じさせてくれます.

f:id:maironef:20190728220640j:plainこれは2018年 7月27日,大町市内での撮影.未だ見頃には早かった.

f:id:maironef:20190728221046j:plain蕾もよく見れば何とも言えぬ美しさを秘めています.

では今回はこれにて.

ニホンヤマユリ以外の花もついでに

こんばんは.マイロネフです.

前段までのニホンヤマユリ以外にも,着目したい真夏の花が幾つかありますので,今回はそれらをご紹介したいと存じます.

f:id:maironef:20190727210512j:plain

これは2016年 7月30日,長野市北部のあるブドウ畑の片隅に咲いていたオニユリです.

f:id:maironef:20190727210905j:plainこのユリは昔から比較的ポピュラーですので,この花が咲くと“真夏”を感じます.

f:id:maironef:20190727211306j:plainこれは,ある水田の畔の一隅に咲いていたオニユリ

こちらは

f:id:maironef:20190727211623j:plainR117の旧道沿いで栽培されていた園芸品種のユリ.純白の「カサブランカ」はおなじみですがその他の品種はちょっと・・・・・・・・・w.

f:id:maironef:20190727212030j:plain

f:id:maironef:20190727212156j:plain

f:id:maironef:20190727212356j:plain一緒に咲いているオニユリの葉の付け根に珠芽(むかご)が付いていて,コオニユリとの違いがお分かりと思います.

f:id:maironef:20190727212939j:plain飯山市内のある民家の庭先で.1輪とは言えなかなか立派でした.庭の土質が良いからなのかも.

こちらは

f:id:maironef:20190727213317j:plain

f:id:maironef:20190727213426j:plainオトギリソウです.この植物を使ったタカの傷の薬の秘密を洩らした弟を斬り殺したという悲劇の伝説が名称の由来とされています.

f:id:maironef:20190727214007j:plain

【ご参考】

f:id:maironef:20190727214404j:plainこのトモエソウも同類です.

次は

f:id:maironef:20190727214601j:plainユキツバキの果実です.

f:id:maironef:20190727214820j:plain普通のツバキ(ヤブツバキ)と同じように油を抽出できるのかどうかは分かりません.

ところで

f:id:maironef:20190727215216j:plain

f:id:maironef:20190727215512j:plain

f:id:maironef:20190727215603j:plain

f:id:maironef:20190727215648j:plainこのニホンヤマユリ,せっかくの地元の貴重な資源なのですから,切り花や球根を量産,特産化して「道の駅」などで売り出すことができないものかと思うのは私だけでしょうか.花色は慶弔どちらの用途にも使えると思うのですが.

 

それと,スキー場のゲレンデにも植え広げて白馬の向こうを張るような夏の名所にする手も考えられるでしょう.

では今回はこの辺で.

ニホンヤマユリの季節ですね③

今度は2週間後の同年 7月30日に再訪した時の画像をお目にかけます.この時はやや見頃が過ぎていました.

f:id:maironef:20190726214505j:plainヒマワリの花越しに.真夏の花同士で気に入った構図だったのですがコンデジの性能上,これ以上のzoom upは画像が荒れるので無理でした.

f:id:maironef:20190726214906j:plain

f:id:maironef:20190726215003j:plain背面からしか写せなかったのがこれまた残念.

f:id:maironef:20190726215142j:plain

f:id:maironef:20190726215228j:plain

f:id:maironef:20190726215333j:plainこの1輪が当日,これまでの段階で最も鮮度が良好でした.

f:id:maironef:20190726215606j:plainここでも遠くて鮮明に写せなかったのが残念.

f:id:maironef:20190726215817j:plainサイクリングのイベントが予定されていました.

f:id:maironef:20190726220036j:plain大雨に遭って足止め.このロックシェッドに逃げ込む前にしたたか濡れました.

雨上がりを待って“運転再開”.

f:id:maironef:20190726220312j:plain遠目ながら見事に咲き揃っていました.

f:id:maironef:20190726220507j:plain

f:id:maironef:20190726220601j:plain刈り残された所に咲いていたのも嬉しい眺めでした.

f:id:maironef:20190726220725j:plain民有地と分かるのでみだりに接近できません.

f:id:maironef:20190726220927j:plain何とか形らしく写せました.

f:id:maironef:20190726221409j:plain

f:id:maironef:20190726221505j:plain

f:id:maironef:20190726221638j:plainここで愛車と一緒に.

f:id:maironef:20190726221912j:plain

石垣の隙間から種子が発芽して開花した個体でした.実生で何年かかったのでしょうか.

では今回はこの辺で.

ニホンヤマユリの季節ですね②

こんばんは.マイロネフです.

前段でUPしたニホンヤマユリですが,どうせならやはり自生地まで自転車に乗って見に行きたいもの.

そこで2016年 7月18日と 7月30日の2回,COLNAGO・Arteに乗って奥信濃2箇村の自生地を訪ねてみました.

先ずは 7月18日の分から.

f:id:maironef:20190725192246j:plainこのナワシロイチゴでさっぱりと.画像を見ているだけでも条件反射で・・・・・・・・・.

f:id:maironef:20190725192648j:plainこの神社脇の湧水でボトルの水も全部交換です.ここに自生で間違いない(?)ニホンヤマユリが咲いていました.

f:id:maironef:20190725193251j:plain

f:id:maironef:20190725193547j:plain花の後側から.

f:id:maironef:20190725200211j:plain

f:id:maironef:20190725195858j:plain

f:id:maironef:20190725200410j:plain他の野生植物の葉の陰で咲いているのがナチュラルらしくていいですね.

f:id:maironef:20190725200653j:plain庭先の栽培品ながら珍しいバイケイソウです.

f:id:maironef:20190725201021j:plainファットバイクのレンタルも見られました.

しかしこの近辺ではもはや自生は無しとみて,千曲川に近い方へ移ります.

f:id:maironef:20190725201512j:plain藪の中に辛うじて1輪咲いているのが見えましたが・・・・・・・・・.

f:id:maironef:20190725201740j:plain

f:id:maironef:20190725201847j:plainここでは未開花でした.切り花として出荷するのは普通この段階らしいですが.

f:id:maironef:20190725202215j:plainここは本来なら,手前の個体が八分咲きのところに来れれば良かったのですが・・・・・・・・・.

f:id:maironef:20190725202531j:plain少しzoom upして.幾分不鮮明なのはご了承下さい.

f:id:maironef:20190725202810j:plainカラスウリの花が咲く時間になってしまいました.

f:id:maironef:20190725203106j:plain辛うじて愛車と一緒に写せました.

f:id:maironef:20190725203328j:plain

f:id:maironef:20190725203434j:plainここでも何とか愛車と一緒に.

f:id:maironef:20190725203639j:plain

f:id:maironef:20190725203931j:plain帰り道の途中のスギ林の中に咲いていた個体.この日は結局,これが最も花着きが多く見栄えがしました.残念ながら接近は不可能でしたが.

では今晩はこの辺で.